Blog & News

冬の乾燥は洗顔方法を見直してみて

冬の乾燥は洗顔方法を見直してみて

こんにちは、カスミです。 今日は、乾燥する季節に見直したい洗顔方法についてお伝えします。 皆さん、お肌の調子はどうですか?乾燥していませんか?冬になると、乳液や、クリーム等の保湿アイテムを追加する方も多いと思いますが、意外と盲点なのが洗顔料と洗顔方法です。 ○洗顔はずっと同じアイテムを使い続けている○洗顔後すぐに化粧水を塗らないと肌がつっぱる○日中肌が乾燥して突っ張る○日中肌が皮脂でテッカテカになる こんな方で、お肌の乾燥が気になる方は一度、洗顔を見直してみるのがおすすめです。 乾燥対策のための洗顔方法見直しポイントはこちら1.洗顔料をよく泡立てる2.短時間で洗う3.ぬるま湯で洗い流す4.よく洗い流す、優しく拭く5.乾燥肌用、敏感肌用の洗顔に変えてみる 1.洗顔料をよく泡立てる 洗顔料を良く泡立てていますか? もちもちな泡を作って、泡で優しく顔を包むように洗ってみてください。  ちなみに、私は面倒くさがり&洗顔ネットを衛生的に管理できないので、泡ででるタイプの洗顔フォームを使っています。 2.短時間で洗う 強くこすったり、マッサージしなくても泡を優しくのせることで汚れは落ちます。泡を乗せている時間が長いと、必要な潤いも落としてしまうので、皮脂の気になるところを少し泡でクルクルしてあとはさっと洗いましょう。 3.ぬるま湯で洗い流す 洗い流す水の温度は、冷たくても熱くても肌に負担がかかります。特に、熱いお湯は必要以上に皮脂を落としてしまいますので、(冬の寒い季節には少しつらいですが)32度くらいのぬるま湯で洗い流してください。夜、シャワーのついでに顔を洗っていませんか?少し面倒でも、別で洗ったり、水温を下げて洗い流してみてくださいね。 4.よく洗い流す、優しく拭く 水で顔を洗うだけでも、顔の保湿成分は流れ出てしまいますが、洗い残しは肌トラブルの原因にもなるので優しく、でも十分に洗い流してください。洗った後はタオル等でこすらず、顔の水分をやさしくポンポンと吸い取るだけにしてみてください。 5.乾燥肌用、敏感肌用の洗顔に変えてみる 1〜4を試してみて、それでも乾燥が気になるときは、違う洗顔料を試してみてください。年齢や季節によって皮脂の量は変わってきます。もし、ずっと同じ洗顔料を使用していて、最近乾燥が気になるようになったとか、1年中同じ洗顔料を使用していて、冬だけ乾燥するようなら冬の洗顔料を変えるタイミングです。思い切って、乾燥肌、敏感肌用の洗顔を使ってみるのもアリです。洗顔後、肌の乾燥を感じないアイテムを見つけてみてくださいね。  1〜5を試しても乾燥するようなら、洗顔料を使っての洗顔は必要ないかもしれません。ぬるま湯だけ、拭き取り化粧水だけ、乳液だけのほうが調子がよくなるかも。 肌は自分で皮脂を出したり、潤い成分を作ることはできますが、汚れは落とせません。だから洗顔料を使って汚れを落としますが、必要な潤いを残して、汚れだけを落とすって難しいんですよね。。。 でも、単純に乾燥しているからと、たくさんの保湿剤をつけるより、洗顔で落としすぎていた潤いを残すことができたら、乾燥が抑えられますよね。乾燥が気になる方はぜひ洗顔方法を見直してみてくださいね。

もっと読む →

スキンケア迷子はこれをやめてみて

スキンケア迷子はこれをやめてみて

こんにちは、カスミです。今回はスキンケア迷子から卒業するためにやめたことをご紹介します。 ○前置き○みなさんは、ドラッグストアで「どの化粧品を買えばいいのだろう」と立ち尽くした経験はありませんか? もしかして私だけかもしれませんが…。美容について学ぶ前、シンプルスキンケアを始める前、20代も後半になりニキビはそのままに肌が乾燥するようになりました。私は新しくスキンケアアイテムを変えようと買いに行ったドラッグストアで、並んでいる商品を見た結果、どれを選んで良いのかわからず絶望し(大げさ)、立ち尽くして、何も買わずに帰ったことがあります笑 ネットで話題の化粧品を買おうかと思いましたが、SNSではありとあらゆる製品がおすすめされていて、さらにスキンケア迷子になっていました。 そんな経験もあり、肌が変化する30代前後のための化粧品を作ろうとピオニアルビューティーを立ち上げました。ただ、スキンケア迷子になったときに、自分で化粧品ブランドを立ち上げようという方はあまりいませんよね。 スキンケア迷子を卒業するには、まず自分の肌を知ることですが、その上で、やめたい習慣をお伝えします。 ○スキンケア迷子から卒業するためにやめたい習慣○1.SNSで話題の化粧品を買う2.おすすめされた商品を買う3.たくさん使って安心する4.気分によって化粧品を使う5.使いかけの化粧品を捨てない 1.SNSで話題の化粧品を買う SNSで話題だから、人気だから「とりあえず」買うのをやめます。そして、自分の肌の特徴(肌質や、肌悩み)を知り、自分の肌に合うアイテムの特徴(化粧水?乳液?ジェル?オイル?クリーム?)や、成分等を知って、肌に必要なアイテムを自分で選んで買ってみましょう。 2.おすすめされた商品を買う 普段のスキンケアで使わないアイテムだけど、おすすめされて良さそうだからと買うのをやめます。特にスペシャルケア用品(週2,3回使いましょうといわれるようなアイテム)は習慣化できなくて使わなくなる確率が高いので、溜まってしまいます(経験談)。普段使っているアイテムが無くなったら、代わりのアイテムを買うようにしていきましょう。 3.たくさん使って安心する たくさんの化粧品を使ったら安心という根拠のない安心を買うのをやめます。たくさんのアイテムをつけることで、肌をこする回数が増えたり、肌に合わない成分を使ってしまう可能性も高まります。そして、化粧品成分が肌に浸透する量には限りがあるので、少ないアイテムで肌の調子を整えるようにしたほうが、結果的に肌にもお財布にも良いですよね。 4.気分によって化粧品を使う その日の気分で色々な化粧品を使うのをやめます。気分じゃなくて、肌の調子によって化粧品を選ぶようにしましょう。 5.使いかけの化粧品を捨てない 高かった化粧品や、合わなかった化粧品、もったいないと長い間残っている化粧品は思い切って捨てます。スキンケアアイテムの開封後は、使用期限の記載がない限りは、約3ヶ月を目処に使い切るよにします。年齢や季節が変わると肌に合うアイテムは変わってくるので、あまりに長く使い切れていないアイテムは衛生面、肌のためにも手放しましょう。 まずは、使っていない化粧品を全部手放して、適当に買うのをやめて、今使っているスキンケアアイテムと向き合ってみましょう。継続して使ってみましょう。使っているアイテムの好きなところ、嫌いなところ、使ったあとの肌を観察してみましょう。 いきなりスキンケア迷子を卒業するのは難しいですが、自分の肌と向き合うことで、流行や広告に惑わされないでアイテムを選ぶことができるようになりますよ。

もっと読む →

当たり前じゃないスキンケアの常識

当たり前じゃないスキンケアの常識

こんにちは、カスミです。 今回は、肌や美容の勉強をするようになって、当たり前じゃないと知ったスキンケアの常識をお伝えします。 1.スキンケアの順番は化粧水→乳液→クリーム?2.朝は必ず洗顔する?3.化粧水はコットン?手?4.美容液は必ず必要?5.同じアイテムを長く使うと肌が慣れる? 1.スキンケアの順番は化粧水→乳液→クリーム? ドラッグストアで見ても、当たり前のように、同じブランドの化粧水と乳液とクリームがセットで売れていますよね。私も昔は化粧水と乳液の2セットを使うのが当たり前だと思っていました。冬は乾燥するから、化粧水→乳液→クリームの順でつけないといけないと思っていました。でも、この順番、というか使うアイテムは別に揃えなくていいんです。自分の肌に合えば順番もアイテムも自由です。もちろん、化粧水→乳液→クリームの順番でも肌の調子が良ければそれでOK。ベタベタするなら化粧水を2種類重ねてつけてみても良いし、乾燥が気になるなら、乳液とクリームだけ、クリームだけでも大丈夫。肌は人それぞれなので、もし今のスキンケアで肌の調子が悪いなら、アイテムを変えるだけではなく、組み合わせを変えて見てくださいね。 2.朝は必ず洗顔する? 私は寝ている間の皮脂や汚れを落としたいので、朝は洗顔をしています。そして、洗顔推奨派ですが、必ず洗顔料を使って洗顔する必要はないと思っています。朝の洗顔をしていて、日中にすごくテカったり、乾燥してひきつるようなら、必要な皮脂を落とし過ぎのサイン。一度、ぬるま湯だけで洗顔するとか、乳液や拭き取り化粧水で拭き取るだけの洗顔を試してみてください。きっと、季節や気温によっても肌の調子は変わると思います。ぜひ自分の今の肌に合った洗顔を見つけてくださいね。 3.化粧水はコットン?手? これは良く話題になるのですが、正直どちらもメリット、デメリットがあります。コットンならむらなくつけられるけど、摩擦が気になったり、手だと摩擦は少ないけど、つけるのにむらがあったり。。。なので、私は好きな方で良いと考えています。ちなみに私は手でゆっくりつけるのが好きなので、手で付けています。 4.美容液は必ず必要? スキンケアで大切なのは保湿です。なので、保湿がしっかりできていて、肌トラブルがないのであれば美容液は必ず必要ないと考えています。私は美容液は気になる肌悩み、将来の肌のために使っています。もし、気になる肌悩みがあれば使ってみてください。(悩み解決というよりはあくまで予防目的で。。。) 5.同じアイテムを長く使うと肌が慣れる? 同じ化粧品を長く使っていると肌が慣れて意味がなくなる。。。なんてことは全くありません。というか、むしろ長く肌が安定して、調子が良いのが理想ですよね。私も自社ブランドの化粧水が大好きなので、2年半ずっと使い続けていますよ。好きなアイテムがあれば全然長く使い続けてOKです。   スキンケアって学校で習うわけではないし、色々な専門家やインフルエンサーが様々な情報発信をしているから、一体どの情報が「正しい」のかわからなくなってしまいますよね。 情報を発信している側も、知っている知識の中、経験したことをベースに話していたり、あとは売りたい商品があったりポジショントークなところも。 大切なのは、肌は人それぞれ違うということと、自分の肌の調子が良くなることが「正しい」ことです。誰かを盲信せず自分の肌で試してみて、自分の肌を見て「正しい」か「正しくない」かを判断してくださいね。

もっと読む →

肌と向き合ったら変わったこと

肌と向き合ったら変わったこと

こんにちは、カスミです。今回は、私が「なんとなく」のスキンケアから、ちゃんと自分の肌と向き合っておきた変化についてお伝えします。 ○スキンケアにより興味を持ったきっかけ 私は10代の頃からニキビに悩まされていて、「ニキビに効く」と聞いては色々な化粧品を試してきました。興味というより、必要にかられてニキビ用の化粧品を試していました。ただ、それでニキビがすべて消えたりするということはありませんでした。その後、ネットで化粧品について調べるようになり、成分や自分の肌の変化について勉強するようになりました。 ○自分の肌と向き合う 肌やスキンケアについて調べるにつれて、「シンプルスキンケア」が一番良いのではと感じるように。スキンケアのアイテムを気分で変えたり、増やしたりしていましたが、どんどん減らしていきました。朝と夜の肌の状態を観察して、スキンケアを調節するようになり、肌が荒れることがあっても原因がなんとなくわかるようになりました。 ということで、自分の肌と向き合って約5年自分の肌と向き合って変わったことは1.肌に愛着ができた2.肌が整ってきた3.食生活が変わった4.運動を始めた5.自分を大切にできるようになった 1.肌に愛着ができた 毎日肌を観察すると、肌の変化がわかるようになります。悪いところ、コンプレックスだったところはもちろんそんなに大きく変わらないですが、一方で好きなところも見つかるようになりました。私は毛穴もニキビもニキビ跡もあるけど、肌は強いほうだし、頬はキメが細かい。今はシミもしわも増えてきたけど、全部含めてありのままの自分の肌を認めてあげることができました。 2.肌が整ってきた 自分の肌を知って、変化に敏感になり自分なりにスキンケアを調節することができるようになりました。例えば、季節によって美容液を変えたり、乾燥を感じたらクリームの量を増やしたり。そうやって少しずつ肌荒れの期間を少なくしていけているように思います。肌は年齢に応じても変化していくので、これは永遠の課題ですね。 3.食生活が変わった 少しずつ肌が整ってくると、肌のために食生活も意識するようになりました。肌の勉強を始めると、いつも最後は腸に行き着きます。肌と腸の関係を調べると、食生活も意識せざるを得ません。ということで、食事バランスに気をつけるようになりました。 4.運動を始めた 肌のためには、筋トレが良いと知ってからは、運動不足や、姿勢改善もしたかったのでピラティスを始めました。週1回レッスンに通って、1年半経ちますが、ストレス発散にもなるし、インナーマッスルも鍛えられるし、体力もついて肌以外のところにも変化がありました。 5.自分を大切にできるようになった あまり、自分を知ることに興味がなく、子育てもあり自分のことは後回しにしていました。ですが、肌に向き合い、スキンケア、食事、運動を続けることで、体を大切にできるようになりました。そして、心理的な面でも自分と向き合うことができ、体と心どちらも大切にできるようになりました。 肌と向き合ったことがきっかけで、私は心身ともに健康になりました。(健康の上に美容が成り立っているんだなと実感) 10代からニキビになやみ、肌を直視したくなくて、鏡を見るのが嫌いでした。ファンデも手放せず、、、今も、雑誌やTVのCMにでてくるモデルさんや女優さんのようなシミやニキビ跡ひとつないキレイな肌にはなれていないですが、自分の肌に愛着を持って、大切にできるようになれたことは自分の中で美肌になるより大きな変化になりました。そして今は、日焼け止め(化粧下地)とパウダーだけで外出できるようなりました。 スキンケアは、肌を変えるだけじゃない。そんなことをこれからも伝えていきたいです。

もっと読む →

体の内側からニキビ予防をしよう

体の内側からニキビ予防をしよう

こんにちは、カスミです。 みなさんは、ニキビできますか?私は10代の頃からニキビが出るよになり、35歳になる今もニキビに悩まされています。 化粧品を売っているので、うちの化粧品を勧めたいところですがニキビには化粧品じゃなくて、ニキビ用の薬が必要です。ニキビは皮膚疾患なので、ニキビができたらまずは皮膚科へどうぞ!それ以外で、今日は、普段心がけているニキビ対策について、インナーケアをご紹介します。 1.白湯、水を多く飲む2.バランスの良い食事3.腸内環境を整える4.ストレッチをする5.ストレスをためない はい、もう基本中の基本です。でも、基本ができてないといくらスペシャルケアをしても無駄になります。まずは、皮膚科へ行って、それと平行してインナーケア。ニキビ予防だけじゃなく、美容、健康のためにもなりますよね。 1.白湯、水を多く飲む  肌バリアを整えるために、水分摂取を心がけています。カフェイン中毒なので、水分補給に、コーヒーや紅茶をよく飲んでいました。水を飲む習慣がなかったのですが、少しずつコーヒーを1日1杯にして、他は水を飲むようになりました。冬は冷えるので白湯を飲むようにしています。水を飲むのって最初は意識しないとつい忘れてしまいますよね。まずはごはんのときにコップ1杯を心がけて、少しずつその合間にも飲むようにすると続けやすいですよ。 2.バランスの良い食事  チョコレートに、ハンバーガーにピザ、ニキビに「悪い」と言われている食べ物が大好きですが、食べる量や頻度を減らして、食べた後には野菜やフルーツを積極的に食べるように。また、麺類や丼のときはタンパク質が不足するので、プロテインを飲むようにしています。細かいことはわからなくても、糖質、タンパク質、ビタミン・ミネラルと3つに分けてバランスを取れるようにしています。野菜が取れないときは、おやつにトマトジュースを飲んだりします。好きな食べ物を我慢するのはストレスが溜まって良くないので、ちゃんと調整すればOKとしています。 3.腸内環境を整える  30代になり、私のニキビの原因は生理前か、食生活の乱れ、便秘のどれかになりました。便秘はすぐに肌にでるので、発酵食品や食物繊維を摂って腸活を続けています。どうしても便秘になってしまうことはあるので、薬じゃなく水分とストレッチと食事で解消するようにしています。 4.ストレッチをする  血流が悪くなると、肌トラブルの原因になるので、毎日ストレッチをして体の血流をUPしています。また、深部のリンパマッサージとして、肩に手をのせて肩を前方、後方に10回ずつ回しています。 5.ストレスをためない  ストレスとの付き合い方は模索中ですが、深呼吸して、よく寝たり、運動したり、好きなことをしてガス抜きをしています。あとは、自分の感情をぐっと我慢せず、認めてあげるようにしています。自分と向き合うのが大切だとこの歳になって強く感じました。   ニキビができないよう、少しでも量が減るように、普段の生活を整えて、ニキビができたら皮膚科を受診しましょう〜。    

もっと読む →

シンプルスキンケアを始めましょう!

シンプルスキンケアを始めましょう!

明けましておめでとうございます。みなさんは、今年の目標は決まりましたか?私はまだ「これ!」という目標はできていませんが、より美容やセルフケアへの知識を深めていきたいです。そして、今年は「行動」の年にしたい! 年末年始の暴飲暴食、運動不足で肌あれしていませんか?私もしっかり、口周りにニキビができました!(謎の報告)美味しいものをたくさん食べて、家族と笑って、楽しい年末年始だったので、楽しんだ後はしっかり切り替えていきます。 ということで、今年からスキンケアに力を入れたいなと思っている方へシンプルスキンケアをご紹介します。「シミが気になる」「乾燥が気になる」「ニキビが気になる」といった悩みを解決するためには、コスメをたくさん買って使う必要はありません。 スキンケアはあくまで予防。いかにベストな肌状態をキープできるか。シミやくすみは正直、美容医療で解決したほうが早いです(小声) スキンケアで大切なのは3つ○乾燥させない○こすらない○紫外線対策シンプルなこの3つを守ることで肌は変わります。逆に言えば、高い美容液を塗って、日焼け止めをつけてないのは意味ないし、洗顔料でつっぱるくらい必要な皮脂を落として、クリームをベタべタつけるのも意味ないし、敏感肌用の化粧水を自己流マッサージでこすってつけるのも意味がないです。 美顔器を買ったり、高級なパックをする前に、まずはこの3つを徹底してケアしていきましょう! ○乾燥させない  →洗顔を32度のぬるま湯で、たっぷりの泡で10秒で洗い終わる  →化粧水を重ね塗りする(肌がもちっとするまで繰り返しつける)  →寝る前にもう一度保湿する○こすらない  →たっぷりの泡で洗う  →化粧水、乳液はたっぷり手にとる  →たたいたり、こすらない、触らない○紫外線対策  →日焼け止めをつける  →サングラス、帽子をつける 新しい化粧品を買わなくても、まずはこれだけやってみてください。肌はちゃんと応えてくれますよ♪そして、スキンケアは1日や1週間で効果で肌は変わらないので、1ヶ月、3ヶ月単位の変化を見ていくのが大切です。いつから始めても遅くないです、せっかくなので今日から始めましょう!

もっと読む →

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

旧年も大変お世話になりました。 本年もピオニアルビューティーをどうぞよろしくお願いいたします。 良い年になりますように・・・・というより 自分の力で良い年にしていきましょう!   ピオニアルビューティー 羊 華寿実

もっと読む →

冬の特別キャンペーン開催中!

冬の特別キャンペーン開催中!

現在冬の特別キャンペーンを開催しています。 「送料無料」+「30%OFF」となります。 期間は11月18日〜12月31日23時59分までですので、 期間中は何度でもご利用いただけますので、 この機会にぜひお試しください。   冬は乾燥するので、ぜひ化粧水を重ねて塗ってくださいね。 たっぷり手にとって、デコルテまで保湿してください。 ご購入前のご相談は、公式インスタグラムのDM、公式LINEまで お気軽にご連絡ください。 お肌の悩みや、現在お使いのアイテムとの相性等のご相談も お待ちしております。

もっと読む →

自分に合ったスキンケアを見つけたい問題について

自分に合ったスキンケアを見つけたい問題について

こんにちは、スキニマリストかすみです。今日は、スキニマリズムと自分に合ったスキンケアについてです。 皆さんは、「自分に合ったスキンケア」ってどんなスキンケアだと思いますか?今日はアイテムの選び方にフォーカスしてお話します。 スキニマリズムでは、シンプルなスキンケアが良いとされていますが、どのアイテムを組み合わせるかは、ご自身の肌次第です。 もし、スキニマリズム、シンプルスキンケアを試してみたい方、シンプルなアイテムで、より整った健やかな肌を目指したい方は、一度、「なぜそのアイテムを使うのか」について考えてみてください。   クレンジングと洗顔スキンケアで一番大切で、難しいのがクレンジングと洗顔です。ここが肌に合えば、スキンケアの8割は終わった感じでしょうか。 クレンジングと洗顔で大切なのは、メイクや皮脂汚れ「だけ」を落として、潤いは残すことです。落とすけど残したい…難しすぎますよね。。。   これは、メイクの濃さや、クレンジング、洗顔の洗浄力がそれぞれ違うので正直私にはどれがベスト言い切ることは難しいです。アイテムによっても、オイルの種類とか、界面活性剤の種類や量でも肌負担は変わりますし、ジェルやバームだと洗い流すのに時間がかかったり、拭き取りで強くこすっているのであれば、肌に負担がかかります。 なので、メイクを落とすことと、何度も顔をこすらないために、スキニマリストとしては、W洗顔不要のクレンジングがおすすめです。1アイテムで終えることができるので、何度もこすったりせず、クレンジングと洗顔の組み合わせも気にする必要はありません。洗い上がりに肌のつっぱりを感じ無いものを見つけてくださいね。 朝の洗顔は、寝ている間にでた余分な皮脂を取り除くだけなので、ガシガシ洗う必要はありません。敏感肌用の泡洗顔料が泡立ての必要もなく、忙しい朝におすすめです。もちろん水やぬるま湯洗顔、拭き取り化粧水だけで肌の調子が良い方はそのままで大丈夫です。 また、毛穴がざらついたときは、酵素洗顔を使用したり、肌がごわつくときは、ピーリング成分 BHA(サリチル酸)、AHA(グリコール酸・乳酸・クエン酸等)、PHA(グルコノラクトン・ラクトビオン酸等)が入った洗顔料を、肌の状態を見ながら使用してみてください。   保湿剤何を使ったら良いかわからなくて、とりあえず、化粧水と乳液(またはクリーム)をセットで使っている方もいらっしゃると思います。そんな方に試してみていただきたいのは、化粧水だけをつけた場合と、乳液だけをつけた場合、両方つけた場合の肌の状態を比べてみることです。 化粧水だけだと乾燥しますか?乳液だけだと乾燥しますか?両方つけた場合と比べるとどうですか? 化粧水+乳液がセットで販売されていることが多いですが、だからといって、両方セットで必ず使用する必要はありません。全成分を見ていただくと、どちらもほぼ同じ成分だったということも。。 どちらかだけでも、肌が乾燥したり、荒れたりしなければ使用しなくても良いんです。(たとえば、化粧水+乳液+クリームを使用している方も、もしかしたら乳液は必要ないのかもしれません) もちろん、化粧水+乳液が一番肌の調子が良いなら変える必要はありません。 また、その日の肌の状態や、日々の体調、季節によっても必要なアイテムは変わります。何か肌の違和感を感じたら上記の方法を試して見てください。 そして、私がおすすめする保湿成分は、セラミドとアミノ酸、そしてスクワランです。上記の成分はもともと肌に存在している成分です。年齢とともに減っていく成分、外から補っていきましょう! 美容液スキニマリストとしては、一回のスキンケアで使用するアイテムは少ないほうが良いと考えています。なので、色々な成分の入った美容液や、パックを重ねるより、朝と夜でそれぞれ美容液を使い分けます。 朝の美容液におすすめ成分→ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチン、フラーレン等日中の紫外線対策のために、抗酸化作用のある成分を取り入れます。 夜の美容液におすすめ成分→レチノール、プラセンタ、トラネキサム酸、アルブチン、ナイアシンアミド、ペプチド、セラミド、スクワラン等美白成分、エイジングケア成分、追加の保湿成分を取り入れます。 スキニマリズムは、○○だけ!とか、何もつけない!わけではなく、必要なアイテムだけ選び使用します。大切なのは、引き算。 ということで、もしどんなアイテムを使ったら良いか悩んでいる方に、スキニマリズム的スキンケアアイテムです。朝のスキンケア ・低刺激の泡洗顔(敏感肌用) ・保湿剤(化粧水、乳液等、肌に合ったアイテム) ・美容液(ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチン、フラーレン等) ・日焼け止め  夜のスキンケア ・W洗顔不要のクレンジング ・保湿剤(化粧水、乳液等、肌に合ったアイテム) ・美容液(レチノール、プラセンタ、トラネキサム酸、アルブチン、  ナイアシンアミド、ペプチド、セラミド、スクワラン等) 大切なのは、今の自分の肌を知ること、大切にすることです。シンプルに、毎日のそして未来の肌を健やかに、より美しく年齢を重ねていきましょう。

もっと読む →

自分の肌を知らない問題について

自分の肌を知らない問題について

こんにちは、スキニマリストかすみです。今日はスキニマリズムで大切な「自分の肌を知る」ことから。 皆さんは、自分の肌の特徴を知っていますか?今回、肌の特徴を知るリストを作って見ました。ご自身の肌を観察しながら、各項目の当てはまるものをそれぞれコピーして、ご自身のリストを作ってみてくださいね。※このリストはご自身の今の肌の状態を確認するものです。 ◎肌質について ・肌は全体的に乾燥する ・肌は部分的(どこが?)に乾燥する ・肌は全体的にテカる ・肌は部分的(どこが?)にテカる ◎肌あれについて ・化粧品でかぶれたり、赤み、かゆみが出やすい ・化粧品でたまにかぶれたり、赤み、かゆみが出る ・化粧品でかぶれたり、赤み、かゆみが出ることはめったにない ◎ニキビ(吹き出物)について ・ニキビが顔全体にでる ・ニキビが部分的(どこに?)にでる ・ニキビが出る場所(どこに?)が決まっている ・ニキビは慢性的にできる ・ニキビはたまにできる ・ニキビは定期的(周期は?)にできる  ・ニキビはできない ・ニキビ跡がある ◎毛穴について ・毛穴が顔全体に気になる ・毛穴は部分的(どこ?)に気になる ・毛穴は鼻だけ気になる ・毛穴は気にならない ◎肌の質感について ・肌がゴワゴワしている ・肌がザラザラしている ・肌がもちもちしてる ・肌がサラサラしている ・肌がベタベタしている ・部分的に質感が違う(どこがどんな質感?) ◎肌のキメについて ・肌のキメが細かい ・肌のキメが荒い ・肌のキメは整っている ・肌のキメは乱れている ・部分的にキメが違う(どこがどんなキメ?) ◎肌の状態 ・肌がかゆい(どこが?) ・肌が赤い(どこが?) ・肌の皮がむけている(どこが?) ・肌が黄色い ・肌が白い ・肌がくすんでいる ・肌がたるんでいる ◎目の下のクマ ・クマがない ・青クマ ・赤クマ ・黒クマ ◎シミ(そばかす、肝斑の可能性も含む) ・シミはない ・シミが目の下にある ・シミが両頬にある ・シミが鼻にある ・大きいシミがある ◎しわ ・しわはない ・目尻に小さいシワがある ・目尻に大きいシワがある ・ほうれい線が深い ・おでこにシワができる ・全体的にシワがある◎その他(当てはまるものがあれば) ・産毛が多い ・産毛が少ない ・日焼けしている それぞれの項目からご自身の肌に当てはまるものを集めていくと、今の肌の状態リストを作ることができます。 肌の状態は、ストレスや、食生活、睡眠時間等の生活習慣も大きく影響しています。ですので、化粧品だけですべて改善することは難しいですが、そのリストを元に化粧品を選ぶことで、よりご自身の肌に必要なスキンケアをすることができます。 例えば、乾燥している部分と、赤みがあるところは一緒だった場合は、刺激のある製品は避け、保湿クリーム等で保護してあげたり、テカっている部分と、ニキビができるところが一緒だった場合は、その部分だけ少し意識して洗顔をしたり、油分の多いアイテムを避けたり、乾燥している部分と、ニキビができるところが一緒だった場合は、逆に保湿をしっかりしてあげたりと、部分的に使用するアイテムも変えることで、肌を整えることができます。 シミやシワについては、今あるシミやシワが気になるようであれば、美容医療のほうが効果を得やすいでしょう。予防という目的であれば美容液等を使用するのが良いでしょう。(化粧品がいつもベストな解決法ではないことも頭に入れておきたいですね) 不思議なことに自分の肌を知ると、悩みも明確になるし、意外と自分の肌いいところも見えてくるんですよね。 私は10代からニキビと付き合っていますが、特に生理前にニキビが出るのがわかって、生理後は治るとわかっているのであまり焦らなくなりました。 ぜひご自身の肌を知ってから、スキンケアアイテムを選んでみてくださいね!

もっと読む →

スキニマリズムで肌の凪を見つけよう

スキニマリズムで肌の凪を見つけよう

こんにちは、スキニマリストかすみです。 ピオニアルビューティーを立ち上げて約2年。 ブランドに込めた想いを上手く言い表わせませんでしたが、2021年に海外でトレンドとなっていた「スキニマリズム」=「スキン」+「ミニマリズム」という言葉と出会い、私が伝えたかったことが一言で凝縮されており衝撃を受けました。 それと同時に、みなさんにどうしたら上手く伝えられるだろうとモヤモヤしていた気持ちが一気にクリアになりました。   前置きが長くなりましたが、記事のタイトル「スキニマリズムで肌の凪を見つけよう」についてです。 みなさんは、ご自身の肌の「良い」状態を知っていますか?完璧な肌ということではなく、今のご自身の肌のベストな状態のことです。肌あれもなく、ベタつきやカサつきがない「凪」のように落ち着いた肌のことです。 もしわからない方は、ぜひご自身の「凪」を知っていただきたい。「凪」を知ることで、スキンケアの軸ができます。軸があれば、必要なアイテムや、量、肌の状態をコントロールすることができます。 では、どうやって知ることができるのか。3つのポイントがあります。(次回以降にもう少し具体的に書いていきますが、今回は大きくまとめます) 1 自分の肌を知る  気になるところと、褒めたくなるところどちらも探してみてくださいね。肌の荒れるパターン、荒れ方、ニキビが出る場所、肌のカサつく場所、ベタつく場所。逆に、潤ってるところ、サラサラなところ、肌のキメが細かいところ、肌色、ニキビの出ないところ等々、、、   2 自分に合ったスキンケアを知る クレンジング、洗顔、保湿剤(含美容液等)、日焼け止め 使っていても、使っていなくても変わらないなら特に必要はないかもしれません。1アイテムずつやめてみる、変えてみる、試してみてください。 そして、上記でわかった自分の肌に合わせてスキンケアをしてみてください。テカっていることろは乾燥しているところより洗顔を、潤っているところは変えないでそのままで等。 ニキビが気になるところは、乾燥が原因なのか、皮脂が原因なのか保湿剤を減らしてみる(増やしてみる)とわかるかもしれません。スキンケアは即効性はないので、約1ヶ月(最低1週間くらい)続けてみるのが大切です。   3 自分の肌の調子が良い時、悪い時を知る  肌荒れ=スキンケアアイテムが合わない、というわけではありません。化粧品以外の理由もありますよね。 脂の多い食事をした日、疲れてた日、睡眠不足の日、たっぷり睡眠をとった日、運動をした日、生理前、ストレスのなかった日、水を飲んだ日、肌の調子とライフスタイル思い出してみてください。可能であれば肌の調子の良かったライフスタイルを続けられると良いですよね。    完璧な肌ではなく、長く続く「凪」を目指そう  化粧品は、医薬品と違い副作用もない分、効果も緩やかです。その代わり、医薬品と違って毎日使用することができます。 スキンケアは「治す」のではなく「予防する」のが目的。肌荒れがなく落ち着いた状態をキープしていけるようにしたいですね。   スキニマリズムで、自分の肌を知って、必要な分だけのケアをする。 「今日の肌いい感じ」と思える日々を増やしていく。そうしていくことで、ありのままの肌をもっと好きになっていけます。 私は20代の終わりまで、荒れた肌をファンデーションで隠すのが当たり前で、自分の肌が嫌いでした。 スキニマリストになり、日焼け止めとパウダーだけで外出できるようになりました。他の人の基準でみたら「美肌」ではないかもしれませんが、今の肌が好きと言えるのが嬉しいです。...

もっと読む →

スキニマリストかすみのスキンケア

スキニマリストかすみのスキンケア

こんにちは、羊です。 早速、スキニマリズムのスキンケアを行う人 =スキニマリストを名乗っております。   皆さんはスキンケアアイテムを選ぶ基準はありますか? スキンケアの基本は「保湿」と「紫外線対策」だと考えています。 私のスキンケアは上記にプラスして 朝は「抗酸化」、夜は「レチノール(エイジングケア)」です。 様々な効能のアイテムが多く出ていますが、この基本軸を定めておくと、自分に必要なアイテムがわかるので、季節や、その時の肌の調子を考えながら選びやすくなります。 抗酸化成分は、ビタミンCや、フラーレン、アスタキサンチン等がありますが、製品の安定を目的として配合されています。(化粧品では肌の抗酸化を謳えないため) 紫外線や、大気汚染などによって引き起こされる酸化ストレス。そのストレスによって発生する「活性酸素」によって肌はダメージを受けます。そして肌悩みとされているシワ、シミ、たるみなどの原因になります。 そこで、抗酸化作用のあるアイテムをプラスすることで、酸化を抑え、肌へのダメージを軽減することができます。 夜のレチノール(ビタミンAの一種)もまた抗酸化作用がありますが、年齢とともに乱れがちな肌のターンオーバーを整えたり、コラーゲンの生成を促したりと、エイジングケアにぴったりな成分です。未来の健やかな肌のために、少しずつでも継続して取り入れたい成分です。(どちらかというと「攻め」の成分になるので、初めはごく少量から肌の調子を見ながら使用してください。) ということで、 朝:洗顔、化粧水、美容液(抗酸化)、クリーム、日焼け止め 夜:メイク落とし(洗顔)、化粧水、美容液( レチノール)、クリーム を基本として、肌に合うアイテムを選びます。 この軸を決める前は、たくさんの製品の中から一体何を買えばいいのかわかりませんでした。自分の肌がどんな特徴があるかもわからず、必要なアイテムもわかりませんでした。 口コミをみたり、SNSで話題になっているもの、芸能人が使っているもの、CMや広告に惹かれて、いろいろ試してみましたが、結局自分の肌がシミ・しわが一つもない、つるつるすべすべになることはありませんでした。 頭ではわかっていても、イメージと現実の差を目の当たりにして悲しかったです。 そして、悩みにフォーカスして探そうと思うと、自分の顔の欠点ばかりが気になり自分の肌の好きなところを見つけることはできませんでした。 今は、肌全体を「整える」、未来の肌を「健やかに」することにフォーカスできるようになりました。 昔は肌が荒れると焦って、普段つけない美容液を塗ったり、パックをしたくなっていましたが、今は普段のスキンケアを続けることができるようになりました。   もし、何を買っていいかわからないとスキンケアに迷っている方、産後や年齢とともに肌の変化を感じている方、自分の肌の好きなところがない方にスキニマリズムのスキンケアをおすすめしたいです。 とは言っても、多くのアイテムを使用していて肌が安定している方が、無理にアイテムを減らして肌の調子が悪くなっては意味がありません。目的と手段を間違えないようにしたいですね。 少ないアイテムだから「良い」ではなく、自分に必要なアイテムを必要な分だけ使うから「良い」と考えています。 私は今のところ、この組み合わせで肌が整い、心地よく過ごせます。結局のところ、自分の肌は自分にしかわかりません。 気になったものは自分の肌で試してみることが大事です。...

もっと読む →