産後の肌荒れの原因

「産後の肌あれの原因が知りたい」

 

こんにちは、羊です。

今回は、私も乾燥やシミなどの肌の変化に悩まされた

「産後の肌荒れの原因」と対策について書きたいと思います。

でもまず初めに伝えたいのは、

「毎日、頑張って子育てをされているあなたはとても美しい」ということと、

「肌荒れはホルモンや、授乳のための寝不足などが原因にあるので、

 ある意味、しょうがない、と考えすぎないことが大切」ということです。

以上を踏まえた上で、下記読んでいただけたらと思います。

 

肌荒れの主な原因

①ホルモンバランスの乱れ

②睡眠不足

③育児の疲れ・ストレス

④水分不足

 

それぞれの対策

①生理が再開したら自然と落ち着いてくる

②子供が寝ているときに、できるだけ一緒に横になる

③5分だけでも一人の時間、好きなことができる時間を作る

④授乳が終わったら、自分もコップに1杯の水分補給

 

①ホルモンバランスの乱れ

 妊娠中に多く分泌されている「エストロゲン」という女性ホルモンは、

肌のツヤや潤いを与えたり、内部のコラーゲンを生成する働きがあります。

このエストロゲンは、産後ガクッと減ってしまいます。

ホルモンバランスが急激に変化するため、肌もゆらぎやすくなります。

 ホルモンバランスは、

生理が再開すると自然と整ってきます。

元に戻るのは数ヶ月単位の時間がかかります。

 

②睡眠不足

約3時間おきの頻回授乳、産後はなかなかまとまった睡眠を取ることが

できないため、慢性的な睡眠不足になります。

 睡眠不足だと、肌の代謝(ターンオーバー)を促進する

成長ホルモンの分泌が少なくなります。

ターンオーバーが遅くなると、

本来剥がれ落ちるはずの角質がたまり厚くなります。

厚くなった角質はシミ・しわ等の肌トラブルにも繋がります。

 

③育児の疲れ・ストレス

子供はとても可愛いんですが、

出産という大イベントから回復する暇なく、

昼夜問わない育児。。。初めての慣れない育児は本当に大変ですし、

第二子以降も慣れてるとはいえ、疲れはたまりますよね。

すべてを完璧にするのは不可能。

1日のうち5分、10分だけでも一人で一息つける時間を作ってくださいね。

 

④水分不足

体内の水分が不足すると、肌の水分量も減ってしまいます。

また、便秘の原因にもなり便秘がさらに肌トラブルの原因になります。

母乳育児の場合は、体内の水分が普段より多く使われます。

(やたらと喉が乾きますよね。)

普段より、意識して水分補給してください。

 

一気に飲むより、ちょこちょこ飲みを心がけてくださいね。

意識して、授乳が終わったら水分補給するようにしましょう。

 

 

肌荒れの解決策としては、

毎日規則正しく7時間以上寝て、

適度な運動と、水分栄養たっぷりの食事をして、

ストレスを貯めないことですが、

産後は絶対むりだろーーーーー!!!!って感じですので、

できる範囲で、自分の無理のない範囲で意識して下記対策をしてみてください。

(①のホルモンバランスについては不可避なので

 しょうがないと思って落ち着くのを待ちましょう〜)

①生理が再開したら自然と落ち着いてくる

②子供が寝ているときに、できるだけ一緒に横になる

③5分だけでも一人の時間、好きなことができる時間を作る

④授乳が終わったら、自分もコップに1杯の水分補給

 

肌荒れも、人それぞれなのであまりにも酷い場合は、

皮膚科を受診してください。

 

みなさんは、産後の肌悩みありましたか?

やっぱり赤ちゃん優先の生活になってしまいますが、

大仕事を終えた自分の心身、できる範囲で労ってあげてくださいね〜。 

 

 

コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があります。